nexus株式会社

「コーティングが丁寧」と岡山・倉敷の車好きのお客様からご好評いただいております

086-289-5444

作業内容のお問い合わせ

086-206-7703

お見積り・ご予約

コーティング専門店とは?

ボディーへのガラスコーティングの効果メリット

カーコーティングのメリットとは硬化型のコーティングであれば、塗装面と結合して、塗装面に強固なガラス被膜を形成します。そのため、ガラス被膜が塗装の劣化を極限まで抑えることが可能となりました。 近年では鉛筆硬度9Hのガラス被膜を形成するカーコーティングが支流になりつつあります。これらのカーコーティングは塗装面に硬い被膜を形成するため、スクラッチ傷(洗車キズ)が付着しづらくなり、長期間塗装面の輝きを持続させることが可能となりました。 また、コーティング被膜の上に汚れが付着しても水洗いで汚れが簡単に落ちるようになります。自分で行う洗車やメンテナンスも楽になるのでメリットは高いと言えます。そして、カーコーティングのほとんどが5年耐久の商品が多く存在します。カーコーティングを行うことで紫外線による塗装の剥離を防止することも可能なのです。耐熱温度も700℃~1000℃程の商品が多く、熱による劣化も抑えることが出来るのです。ポリマーやワックスと比べると遥かに性能が高くなります。しかし、気を付けなければならないことはガラスコーティングと謳われていてもガラス系コーティングを施工する業者も多いため、その点の注意が必要になります。

紫外線から塗装を守るコーティング

また、車にとって、紫外線は、大きな影響を受けます。紫外線による塗装面への影響は著しいものです。紫外線は様々な物質を劣化させる影響がありますので、適切な対策をしていない物質は安易に劣化していきます。光のエネルギーは波長が短いほど高いために紫外線の短い波長により物質は劣化していきます。日陰と日向でも大きく紫外線量は変わってきます。しかし、東京の駐車環境はマンションや地下駐車場、立体駐車場など紫外線カットにはとても有利な状況だと言えます。 とはいえ、外を走る車の塗装は劣化していく速度は早いと言えるでしょう。そんな塗装を保護するのがカーコーティングです。コーティングと言っても沢山のメーカーからコーティングが販売されております。

コーティング専門店とガソリンスタンドやディーラーコーティングとの違い

新車を購入したら車を綺麗に持続させるためにカーコーティングを検討されるのではないでしょうか? 新車購入すると必ずカーディーラーでコーティングの提案をされると思います。 中にはコーティングが値引きの対象になっていたりします。 では、カーディーラーのコーティングは果たしてよいのでしょうか?また、ディーラーコーティングと専門店コーティングの違いはどうなのでしょうか? 実は、カーディーラーのコーティングは持続性や効果効能で見ると専門店コーティングよりおすすめ出来ません。 今回の記事ではディーラーコーティングの実態と専門店コーティングについて詳しく解説していきますのでコーティング店選びの参考にして頂ければ幸いです。

研磨作業時に磨き傷が付着した状態でコーティングされることもある

上記のように新車時には細かい傷が付着しているケースがあります。そのような傷を発見した場合に研磨作業を行うのですが、磨き傷が付着した状態でコーティングをするケースがあります。 磨き傷とは、ポリッシャーで付着するバフ目と言われる微細な傷です。そもそも工場に傷を確認する優れたライトがなくなんとなくでコーティングされてしまう。

ディーラーコーティングの溶剤が性能が低い

ディーラーコーティングの溶剤が性能が低い カーディーラーやガソリンスタンドのコーティングは施工がしやすいコーティング剤(樹脂系コーティングやガラス系コーティングを使用しています。)専門店コーティングはそれよりも効果の高いガラスコーティングやセラミックコーティングを使用しています。  樹脂コーティングやガラス系コーティングは熱や紫外線に弱いため持続性が低い傾向があります。 

コーティング専門店とは

ディーラーよりも性能が高い商材が多い

カーディーラーのコーティングは樹脂コーティングもしくはガラス系コーティングに対し、専門店のコーティングはセラミックタイプの商材を取り扱っております。 セラミックコーティングは従来のコーティングに比べ耐薬品性、耐紫外線性、防汚性効果が高く、自然劣化を極限まで抑えることが可能となります。 コーティングの厚みも従来のコーティングに比べ数十倍に及ぶため、光沢(輝き)もカーディーラーコーティングに比べ高いのが特徴となります。

カーコーティングの技術力に優れている

専門店はコーティングを主にサービスを展開しているため、技術力が高いのが特徴です。入庫する車も豊富な種類を作業するため様々なノウハウがあり、新車から傷んだ経年車まで多くの実績を有するため仕上がりはカーディーラーに比べ高い傾向があります。

コーティング設備が充実している

コーティング材の塗布作業において、作業空間の温度、湿度管理は非常にデリケートで重要です。コーティング材は、温度が高いと塗布した直後から乾きはじめる為、ムラが出やすくなります。ムラが出てしまうと均一な膜を形成することが出来ません。湿度が高いと逆に乾きづらくなるため、初期硬化が遅れコーティング膜の実用強度が出るまでに時間がかかってしまいます。作業空間の温度、湿度を一年中一定に保つことが出来ます。  

カーディーラーのコーティングは専門店コーティングに比べ、持続性が低かったり、効果効能が低い傾向にあります。

その理由は、カーディーラーの使用する材料が樹脂コーティングもしくはガラス系コーティングであり、施工時間は約3~4時間程でコーティングを仕上げるため性能を十分に引き出すことが出来ません。

その為、効果がすぐになくなってしまった。コーティングの効果が得られないなどのディーラーの口コミが多数寄せられている状態にあります。

一方、専門店コーティングは使用するコーティング剤が特殊なものを使用しており、ディーラーコーティングに比べ2~2.5倍ほどの持続性となります。

カーコーティングは決して安いものではありませんのでしっかりと検討した上でコーティングを依頼するようにしましょう!

まとめ

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。