nexus株式会社

「コーティングが丁寧」と岡山の車好きのお客様からご好評いただいております。

086-206-7703

お見積り・ご予約

086-289-5444

作業内容のお問い合わせ

屋外駐車の方へのコーティング

   青空駐車で保管している車両は紫外線や酸性雨、花粉や黄砂など様々な影響で塗装面は日々劣化していきます。それらの影響で大切な愛車の塗装面が色あせしてしまったり、酸性雨が付着してしまうとがっかりしますよね? そうならないためにも青空駐車で保管している方は車のコーティングは必須と言えるでしょう。しかし、青空駐車で保管している全ての方にコーティングをおすすめする訳ではありません。 コーティング施工後に全くお手入れをされない方は汚れが固着したり、塗装面の色あせは必ず起こってしまいます。一方、車を綺麗に保ちたいと願っている方は必ずコーティングをするべきです。

青空駐車の車は日々劣化している

青空駐車で保管している車は日々劣化しています。 その理由は紫外線や酸性雨、花粉や黄砂など塗装面には様々な汚れや紫外線でダメージを受けてしまいます。 このダメージは数日ではさほど影響はされませんが、時間が経過するごとに劣化は目に見えるものとして現れます。 大きな劣化要因である3つをご紹介していきますので詳しく見てみましょう。

青空駐車は酸性雨によるダメージが加わる

青空駐車は雨が降ると塗装面に水滴が付着します。この水滴(雨)は大気中の汚れが水分に混ざり塗装に付着します。 この大気中の汚れが混ざった雨は酸性となるため、塗装面に相当のダメージを与えます。 上記画像は大気中の汚れが雨に混ざって塗装面に付着して乾いた画像です。このようにイオンデポジットと言われるシミ汚れを塗装面に付着させてしまい洗車では取れなくなってしまいます。

イオンデポジットならクリーナー等で取り除くことが出来ますが、イオンデポジットが進行すると上記の画像のようにウォータースポットとして塗装面に穴ぼこをあけてしまいます。 これは塗装面が陥没している状態となるため研磨作業で消すことは出来ません。 塗装面にイオンデポジットやウォータースポットを付着させないためにも青空駐車のコーテ

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。